キトサンの摂取の注意点について

キトサンの摂取の注意点について_サプナビでサプリメントに合った飲み方を

キトサンはカニやエビなどの甲殻類から抽出された食物繊維です。
腸内で脂質や塩分に吸着する性質があり、余分な脂質・塩分が身体に吸収されるのを抑制してくれます。
キトサンのサプリメントはダイエットやメタボリックシンドローム・生活習慣病の予防にオススメです。

キトサンのサプリメントを飲む際は、どのような点に注意すれば良いでしょうか?

キトサンの摂取の注意点

キトサンのサプリメントを飲む際は、水分をたっぷりとるようにしてください。

キトサンは脂溶性の食物繊維で、非常に高い保水性を誇ります。
その分腸内の水分を吸収してしまい、水分不足による便秘を起こしてしまうことがあるのです。

水分を十分に摂取することでキトサンも水を吸って膨らみ、便のかさを増して便秘を改善してくれます。
水分をたっぷりとることが、キトサンのサプリメントを活用するコツです。

キトサンの副作用は?

キトサンは植物由来の栄養素であるため、身体への悪影響はほとんどありません。

ただし消化しづらい栄養素であるため、摂取し始めの頃はお腹がはったり便秘になることがあります。
腸のぜん動運動が改善されることでこれらの症状も収まりますが、あまりにも症状が長く続く場合は摂取を中断して様子を見たり、医師に相談するなどしてください。

こんな人はキトサンの摂取に注意

甲殻類アレルギーの方

キトサンはカニやエビなど甲殻類を主材料としています。
加工の過程でアレルゲンは除かれますが、もしものことも考えて、甲殻類アレルギーのある方は慎重に摂取した方が良いでしょう。
摂取する前に医師に相談したり、少量から試すのがオススメです。

胃腸が弱い方

キトサンは消化しづらい成分のため、胃腸が弱い方が摂取すると下痢や腹痛を起こす可能性があります。
もともと胃腸が弱いという方は、キトサンのサプリメントを少量から試すようにしましょう。

脂溶性・オイル系のサプリメントを飲んでいる方

キトサンは塩分や油分に吸着する性質を持っています。
そのため、脂溶性の栄養素や良質なオイルなども、キトサンによって吸収が阻害される可能性があります。

特に脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンDのサプリメントを服用している方は、キトサンと服用するタイミングを2~3時間ほどずらすようにしてください。
フラックスシードオイル(亜麻仁油)やDHAなどのサプリメントも同様です。

美容目的のオイルなどを料理に使用する場合も、その食前はキトサンの摂取を控えた方が良いでしょう。

医薬品を服用している方

キトサンは医薬品の吸収を阻害する可能性がある他、医薬品の種類によっては効果を過剰にしてしまう可能性があります。

特に抗コレステロール薬・抗凝血薬を服用している方は注意が必要です。
それぞれ効果が過剰になってしまい、コレステロール値が必要な値より下がってしまったり、出血してしまう可能性があります。

キトサンのサプリメントと医薬品を併用する前に、医師や専門家に相談するようにしてください。