キトサンの飲み方

キトサンの飲み方_サプナビでサプリメント摂取の注意点を知ろう

キトサンはカニやエビなどの甲殻類から人工的に抽出した食物繊維。
塩分や脂質の吸収を抑え、ダイエットやメタボリックシンドローム・生活習慣病の予防に働きかけてくれます。

キトサンはサプリメントで摂取するのが一般的です。
キトサンのサプリメントはどのように飲むとより効果的でしょうか?

キトサンの飲み方

キトサンに限ったことではありませんが、サプリメントを飲む際は水またはぬるま湯で飲むようにしましょう。
キトサンは他の成分に吸着する性質があるため、飲み物によってはキトサンがそちらに吸着してしまい、せっかく飲んでも無駄になってしまうことがあります。

キトサンは油分・塩分に吸着するため、食事の質に合わせて飲む量を調節するのがオススメです。
油分・アルコールの多い食事の前はキトサンを多めに飲む、などその日の食事に合わせて飲む量をコントロールしましょう。

キトサンを飲む時は水分をたっぷりと

キトサンのサプリメントを飲む時は、最低でもコップ一杯の水分で飲むようにしてください。

キトサンは保水力が高い成分です。
便のかさを増すことで便秘の改善に働きかけてくれるキトサンですが、水の量が少ないと、水分不足による便秘になる可能性があります。
しっかり水分をとって、効果的にキトサンを働かせましょう。

キトサンを飲むタイミング

キトサンは塩分・脂質に吸着する性質があるため、食事と一緒に摂るのがオススメです。
特に脂っこい食事と一緒に摂ると、効果を発揮してくれるでしょう。
食事中にサプリメントを飲むのは……という方は、食前にキトサンを飲んでも十分な効果があります。

食後に飲んだら意味がないということではありませんが、やはり食前・食中に飲むよりも効果は落ちてしまいます。
食後にキトサンを飲む場合は、できるだけ時間を空けずに飲むようにしましょう。

キトサンを飲む時の注意

キトサンの副作用は?

食物由来のキトサンは安全性が高く、身体への悪影響はほとんどありません。

ただし消化しづらい性質のため、胃腸が弱い方が飲むと腹痛や下痢を起こす可能性があります。
もともと胃腸の弱い方は、キトサンのサプリメントは少量から試した方が良いでしょう。

キトサンでアレルギーは出る?

キトサンはカニやエビなど、甲殻類を主材料としています。
甲殻類を加工する際にアレルゲンは除かれますが、甲殻類アレルギーのある方は慎重に取り入れた方が良いでしょう。
少量からサプリメントを試したり、医師・専門家に相談してから飲むようにしてください。

キトサンが他のサプリの吸収を阻害することも

キトサンは脂質に吸着するサプリメントです。
そのため脂溶性の栄養素や、良質なオイルなどの吸収を阻害する可能性があります。

脂溶性であるビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンDなどがその代表です。
これらの栄養素の不足が不安な方は、サプリメントなどで補うとよいでしょう。
サプリメントで脂溶性ビタミンを補う際も、飲む時間をキトサンのサプリメントと2~3時間ずらすなど工夫するようにしてください。

こんな薬との併用に気をつけて

キトサンはコレステロールの上昇を抑える効果を持っています。
そのため抗コレステロール薬などと併用すると、効果が過剰になり身体に必要なコレステロール値を維持できなくなる可能性があります。

また抗凝血薬なども効果が過剰になり、出血などの悪影響が出る可能性があります。

これらの医薬品を服用している場合は、キトサンを飲む前に医師に相談するようにしてください。