セントジョーンズワートとは

セントジョーンズワートとは_サプリメントナビでサプリメント情報をチェック

セントジョーンズワートは天然のハーブです。セイヨウオトギリとも呼ばれる多年草で、アメリカでは「サンシャインハーブ」とも呼ばれています。
ヨーロッパでは古くから医薬品として使用されてきました。特にハーブの先進国であるドイツでは、軽度のうつに対してセントジョーンズワートが医薬品として処方されています。
日本では医薬品としては扱われていませんが、その分手軽に手にできる存在といえるでしょう。

セントジョーンズワートの効果・効能

セントジョーンズワートには心と脳をリラックスさせる効果があります。ストレスを緩和してイライラ感を落ち着かせたり、気分の落ち込みを改善してくれます。
リラックス作用によって自然な眠気をもたらすため、不眠症の方や寝つきが悪い方は、寝る前にセントジョーンズワートを摂取するのもオススメです。
また外傷に対して使用されることもあり、擦り傷や切り傷、やけどの手当てのほか、神経・筋肉の損傷、鎮痛目的として使用されることもあります。皮膚に塗布する用ではセントジョーンズワートのオイルなどが販売されています。

またセントジョーンズワートの効能として注目されているのが、うつ病・うつ症状に対する効果です。
セントジョーンズワートは軽度・中度のうつ病や、不安神経症、更年期障害や自律神経失調症に効果があるとされています。
うつ症状のある方は、脳内で「セロトニン」と呼ばれる物質が減少する傾向にあります。「セロトニン」は感情をコントロールする物質であり、これが不足するとイライラやゆううつな気分が長引いてしまいます。
セントジョーンズワートに含まれている「ヒペリシン」「ハイパーフォリン」という成分は、「セロトニン」を増やし、減少を抑える効果があります。これら二つの成分によって、セントジョーンズワートはうつ症状に効果があるとされているのです。

セントジョーンズワートのサプリメントを買う時の注意点

セントジョーンズワートのサプリメントを購入する際は、含まれている成分量をしっかりチェックしましょう。天然のハーブであるため、成分量に変化が出やすくなっています。
一般的なサプリメントの形状に限らず、ハーブティーやオイルなども販売されています。
効能を体感できるようになるまでの期間は人それぞれですが、目安として6週間ほどは摂取を続けたほうがよいでしょう。

セントジョーンズワートは海外では医薬品としても使用されています。現在使用している医薬品と併用したい場合は、医師に必ず相談しましょう。妊娠中や授乳中の女性は特に注意が必要です。
また、特に空腹時の過剰摂取を続けると胃腸の不調が出ることもあります。日光による発疹・皮膚のかゆみなども過剰摂取のサインの可能性があるため、症状が出た場合は専門家に相談するようにしましょう。
不眠を解消してくれるセントジョーンズワートですが、その分眠気が出てしまうという一面もあります。日中の眠気が不安な方は、寝る前に摂取するとよいでしょう。