クロムとは

クロムとは_サプリメントナビでオススメサプリメントをチェック

クロムとは体内の必須ミネラルの1つです。
糖質やコレステロール、結合組織やたんぱく質の代謝にかかわる非常に重要な栄養素ですが、必要な量は微量であり、多くの食品に含まれているため欠乏することもそれほどない栄養素です。
クロムは血糖値を調整する「インスリン」という成分の働きをサポートしています。生活習慣病を予防したい方や糖尿病を予防したい方、コレステロール値が気になる方はチェックしておきたい栄養素でしょう。

クロムと亜鉛はセットがオススメ

また、体内でインスリンを作り、貯め、分泌する働きを担っているのが亜鉛です。亜鉛は身体を構成する栄養素で、クロムと同様必須ミネラルの1つです。亜鉛はクロムと共にインスリンの働きをサポートする性質があるため、クロムと亜鉛は一緒に摂取するのがおすすめです。

クロムを含む食品

クロムは多くの食品に含まれていますが、その中でも代表的なのは穀類・肉類・魚介類などです。ですが穀類のクロムは、精製されることによって失われてしまいます。意識的に穀類からクロムを摂取したい場合は、精製されていない玄米や小麦胚芽などがよいでしょう。また、蕎麦などもおすすめです。

クロムの弱点「吸収率の低さ」

必要量の少ないクロムではありますが、それと同時に吸収率が低いという特徴もあります。
仮にクロムが不足してしまった場合、血糖値をコントロールするインスリンの働きが弱まってしまい、血糖値が上昇しやすくなる傾向にあります。血糖値が上昇すると、糖尿病になる恐れや、高血圧・動脈硬化を招く恐れもあります。お子さまの場合は成長に関わってくることもあるでしょう。そもそも不足することのないほとんどないクロムの不足が発生しているという時点で、日ごろの食生活を大きく見直す必要があります。

吸収率が低いため、過剰摂取となることはほとんどありません。ですがサプリメントを摂取している場合は、通常の食生活よりも過剰摂取が起こりやすくなります。サプリメントを取り入れる際は必ず用法・用量を守るようにしましょう。
仮に長期間クロムの過剰摂取をつづけた場合は、下痢やおう吐、腹痛、肝障害などの症状に見舞われる可能性があるでしょう。

クロムの種類

クロムには実は2種類あります。1つが自然界に存在する三価クロム、もう1つが人工的に生産される六価クロムです。
三価クロムは体内に取り入れる栄養素であり、サプリメントなどでクロムという時はほとんどこちらを指します。
人工的に生産された六価クロムは、名前こそ似ていますが、金属のメッキ加工などに使用されています。発がん性も確認されている人体には非常に有毒なものです。