ビフィズス菌とは

ビフィズス菌(乳酸菌)とは_サプリメントナビでオススメサプリメントをチェック

最近「腸内環境」や「腸内フローラ」という言葉を耳にすることが増えました。
腸内環境とは主に、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスの状態を指します。

腸内環境が整っているとお腹の調子がよくなるだけでなく、身体全体の免疫力がアップしたり、脂肪が燃焼されやすくなります。
便秘が改善されるため美容的にも良い効果をもたらしてくれるなど、腸内環境は女性にとって特に見逃せない要素なのです。

そんな腸内環境を考える際、ビフィズス菌は見逃せない存在です。
ビフィズス菌は腸内で最も多く生息する有用菌です。
善玉菌の99.9%はビフィズス菌であり、腸内に定着できるという性質からも、ビフィズス菌が腸内環境を左右すると言っても過言ではありません。

なんとなく耳にはするけれど、詳しい効果は知らない……という方向けに、ビフィズス菌の作用や効果をご紹介します。

ビフィズス菌の作用

ビフィズス菌は腸の中で、糖を分解してあらゆる成分を作り出します。
主に生み出されるのは、「乳酸」「酢酸」「葉酸」「ビタミンB群」など。
この中でも「酢酸」は、ほかの善玉菌はなかなか生み出すことのできない重要な存在です。

酢酸は殺菌力が高く、腸内の悪玉菌の働きを抑えてくれます。
ビフィズス菌が活動して酢酸を生み出すことで、より腸内環境が改善されていくのです。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は腸内環境を整えることで、様々な効果をもたらしてくれます。

まず腸の状態が良くなるため、便秘や下痢などが改善されます。

腸内環境が整うことにより全身に栄養素が行き渡るため、免疫力がアップしたり、アレルギー症状が緩和されるなどの効果もあります。
ビフィズス菌はこれらの効果によって、全体的に私たちの健康を維持してくれるのです。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

ビフィズス菌と一緒に名前の上がることが多いのが、乳酸菌です。
同じ菌類だし、似たような存在なのかな? と思う方も多いでしょう。

実はビフィズス菌と乳酸菌には、分類上も大きな違いがあります。

ビフィズス菌は腸内環境のベース

ビフィズス菌は別名「ビフィドバクテリウム」と呼ばれます。
糖を分解することで乳酸や酢酸を作り出すのが主な役目です。

ビフィズス菌は酸素があると生きていけないという特徴があります。
そのため主に動物の腸内に生息しており、人間の腸には1~10兆ものビフィズス菌が生息しています。

腸内に最も多く生息するビフィズス菌は、まさに腸内環境のベースといえるでしょう。

乳酸菌はビフィズス菌のために環境を整える

実は乳酸菌は、「乳酸菌」という名前の菌ではありません
乳酸を作り出す働きを持つ菌の総称であり、「ラクトコッカス」や「ラクトバチルス」など、多くの菌をまとめて乳酸菌と呼んでいます。

乳酸菌はビフィズス菌とは違い、酸素があっても生きていけるのが特徴です。
そのため動物の腸内に限らず、牛乳や乳製品、漬物などの発酵食品にも多く含まれています。

乳酸菌は、腸内ではビフィズス菌の100~1万分の1以下しか存在していません。
腸内で乳酸を作り出し、ビフィズス菌が生息しやすい環境を作り出すのに一役買っている存在です。