葉酸とは

葉酸とは_サプナビでサプリメントに合った飲み方を

妊娠中の方、妊娠を計画している方に、厚生労働省が摂取を推奨している栄養をご存知ですか?
それが「葉酸」。葉物の野菜などに多く含まれている栄養素です。

ビタミンB群の一種である葉酸は、水溶性の栄養素です。
ほうれん草の葉から発見されたことから、葉酸という名前が付けられました。
野菜のほかにも、レバーなど動物性の食品にも含まれています。

葉酸は私たちの健康に欠かせない働きを持っているほか、特に妊娠中の方にとって重要な役割を果たします。
しかし、食品からは摂取しづらいという弱点を持っている栄養でもあるのです。

葉酸は吸収率が低い上に、熱に弱いなど、調理しての摂取に向いていません。
そのため葉酸を効果的に摂取したい場合、サプリメントを取り入れるのがオススメです。

葉酸の持っている作用や、サプリメントの効果について詳しく見ていきましょう。

葉酸とは? ~葉酸の作用~

葉酸は人の体内で、以下のような重要な働きを担っています。
・血液を作り出す(造血作用)
・細胞分裂を促す
・DNAを合成する
・神経の働きをサポートする
どれもこれも、私たちの身体の根本的な機能に関わる作用ですよね。

また美容の面では、美肌や美髪を作るのに一役買ってくれます。
健康だけでなく、見た目の美しさが気になる方にもオススメの成分です。

葉酸が不足するとどうなる?

重要な役割の多い葉酸は、不足した時にはっきりと症状が現れる成分でもあります。
葉酸が不足すると、以下のような症状に悩まされます。
・口内炎
・食欲の低下
・下痢

これらはごく初期段階の症状ですが、葉酸不足が続くと、深刻な病気のリスクが高まります。
特に起こりやすいのが、動脈硬化悪性貧血です。

また葉酸不足が神経障害を招くこともあり、これは大人だけでなく、妊娠中お腹にいる赤ちゃんも神経障害を起こすリスクが高まります

このように葉酸は、「摂ると健康に良い」というよりも、「健康のためには欠かしてはならない」栄養なのです。

葉酸の効果 ~予防・改善できるもの~

重要な働きを持っている葉酸は、以下のような症状・病気の予防や改善に効果があります。
・悪性貧血の予防、改善
・動脈硬化の予防、改善
・アルツハイマーやうつの改善

また葉酸を充分に摂取できていると、妊娠中の胎児が発症しやすい「神経管閉鎖障害」のリスクが抑えられます。
そのほか奇形胎児になるリスクも低減できるなど、葉酸は母子手帳にも書かれるほど重要な栄養素です。

葉酸の摂取目安量

健康のために葉酸を摂取する場合、男性・女性ともに1日240μgの摂取量が目安とされています。

さらに妊娠を計画している場合は、1日400μgの葉酸を摂取するよう、厚生労働省が推奨しています。

妊娠中・出産後の摂取目安量

妊娠中、出産後(授乳中)の方は、以下の1日の目安量を参考にすると良いでしょう。
・妊娠中 … 480μg
・出産後・授乳中 … 340μg