コンドロイチンの飲み方

コンドロイチンの飲み方 : サプリメントナビ

いつまでも健康にスポーツを楽しみたい。
歳をとっても関節の痛みを気にせずにいたい。
そんな方にオススメなのが、コンドロイチンのサプリメントです。

コンドロイチンは糖類の一種で、人の身体の粘膜や内臓など多くの場所に存在します。
その中でもコンドロイチンが多く存在するのが、軟骨。
高い保水性を保つコンドロイチンは、人の関節が滑らかに動くのをサポートしてくれているのです。

コンドロイチンは年齢と共に減少する傾向があるため、サプリメントで補うのがオススメです。
コンドロイチンのサプリメントはどのように飲むとより効果的なのでしょうか?

コンドロイチンの飲み方・飲む時間帯

まずコンドロイチンのサプリメントを飲む時は、水またはぬるま湯で飲むようにしましょう。
コンドロイチンは特にカフェインとの相性が悪いため、お茶やコーヒーで飲むと吸収を阻害される可能性があります。

続いて飲む時間帯についてですが、コンドロイチンは吸収率が高い分、体内に残りにくいという特徴があります。
その特徴を活かしてサプリメントを飲むと効果的です。

コンドロイチンのサプリメントは1度にまとめて飲むよりも、朝・昼・夜など時間帯を分けて飲むと良いでしょう。
こうすることで体内に長く成分が保たれるようになります。

また人によっては、コンドロイチンの成分が胃腸に負担をかけることもあります。
飲む回数を分けることで、胃腸への負担を軽くすることが可能です。

コンドロイチンを飲むなら食前? 食後?

サプリメントの悩みどころが、食前に飲むか食後に飲むかという点です。

コンドロイチンの場合は吸収率を考えて、基本的には食前に飲むようにすると良いでしょう。

ただし胃腸が弱い人の場合、食前に飲むと胃腸に負担がかかってしまうことがあります。
その場合は食後に飲むようにするなど、飲むタイミングを柔軟に調整するのがオススメです。

コンドロイチンに副作用はあるの?

サプリメントで栄養を摂る場合、食品から摂取するよりも吸収率が良くなります。
その分気になるのが、副作用の存在ですよね。

コンドロイチンは体内にも存在する糖類であり、基本的には副作用はないとされています。
ただし人によっては、胃腸のむかつきなどの症状が出るかもしれません。

また副作用がないというのも、過剰摂取しないことを前提とした話です。
コンドロイチンに限らず、サプリメントを摂取する際は過剰摂取しないよう用法・容量を守りましょう。

コンドロイチンは、目的や体質によって目安量が異なります。
基本的には容量を守り、可能であれば医師や専門家に相談して、自分の目的に合った量を飲むようにしてください。

過剰摂取のほかに、他のサプリメントや医薬品とコンドロイチンを併用する場合も注意が必要です。
事前に医師や専門家に相談し、飲み合わせても問題ないか確認しましょう。

コンドロイチンはグルコサミンと一緒に飲むのがオススメ

関節痛や関節炎の改善のためにコンドロイチンを飲む場合、グルコサミンのサプリメントも同時に摂取するのがオススメです。
グルコサミンはコンドロイチンと同様、軟骨を構成する成分の一種です。

理想的な比率は、グルコサミン:コンドロイチン=5:4とされています。
専門家に相談し、適した量を併用すると良いでしょう。