コンドロイチンとは

コンドロイチンとは : サプリメントナビ

最近関節の痛みが辛い……。
年齢を重ねてから、肘や膝の痛みが酷くなってきた……。

そんな方にオススメなのがコンドロイチンです。

コンドロイチンは、人の身体の内臓や粘膜、皮膚などあらゆる部分に存在します。
その中でも最も多くコンドロイチンを含むのが、軟骨です。

人の軟骨の30%はコンドロイチンによって構成されています。
コンドロイチンの高い保水力によって、人の関節は滑らかに動くことができるのです。

コンドロイチンの具体的な作用や、コンドロイチンのサプリメントがオススメな方をご紹介します。

コンドロイチンの作用・効果

コンドロイチンの体内での主な働きは、軟骨へ水分を運ぶことです。
コンドロイチンが水分を届けることで、軟骨のクッション性が高まります。

また、軟骨の中には血管が通っていません。そこでコンドロイチンが血液のような役割を果たし、軟骨に栄養素を運んでくれます。
同時に軟骨の老廃物の排出を促すのもコンドロイチンの作用です。

これらの働きにより、コンドロイチンは関節痛を予防・改善する効果を持っています。
また、関節の働きをサポートしてくれるため、関節が破壊されるのも防いでくれます。

さらにコンドロイチンは、カルシウムの代謝をサポートする働きを持っています。
コンドロイチンには、骨の成長をサポートするという役割もあるのです。

こんな人にコンドロイチンのサプリメントはオススメ

嬉しい効果を持つコンドロイチンは、以下のような人にオススメです。

・関節の痛みが辛い方
・スポーツが好きな方

 体内のコンドロイチンは、年齢と共に減少していく性質があります。
 そのため、加齢と共に関節の水分が失われ、肘や膝に痛みが出るようになるのです。
 加齢により関節に痛みを感じるようになったという方に、コンドロイチンのサプリメントはオススメです。

 またスポーツが好きな方は、普通の人よりも関節に負担がかかりやすくなります。
 普段がかかりすぎると関節に痛みが出てしまい、酷い時はスポーツを続けられなくなることも。
 前もってコンドロイチンを補うことで、関節の動きをサポートし、関節が傷むのを予防することが可能です。
・お肌や髪の美容が気になる方

 コンドロイチンは体内の皮膚や髪など多くの場所に存在し、全身の水分を補っています。
 最近お肌の潤いや、髪・爪のパサつきが気になるという方は、一度コンドロイチンのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

グルコサミンと一緒に飲んで相乗効果!

コンドロイチンの働きを紹介してきましたが、関節炎や関節の痛みのためにコンドロイチンを飲む場合は、一緒に「グルコサミン」のサプリメントを飲むのもオススメです。
グルコサミンはコンドロイチンと同様、軟骨を構成する成分の一つです。
グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取することで、関節の働きをサポートする相乗効果が期待できます。