にんにくのサプリの効果

にんにくのサプリメントの効果_サプリメントナビでサプリメント情報をチェック

あの強烈な匂いが印象的なにんにくですが、食用だけでなく薬用に使用されてきた歴史も長いことをご存知ですか?
にんにくは殺菌効果を代表とした非常に高い作用を持っており、戦時中には外用薬としても使用されていました。

にんにくの代表的な健康成分は「アリシン」と呼ばれるもので、これはにんにくの匂いの要因でもあります。
アリシンは環境や加工によって変化しやすいという性質を持っています。
アリシンが変化した成分である多様な「イオウ化合物」も、にんにくの幅広い効果の要因です。

にんにくのサプリメントの具体的な効果を見ていきましょう。

にんにくのサプリメントの効果

アリシンを中心としたにんにくの効果には以下のようなものがあります。

にんにくで効率よくエネルギーをチャージ

にんにくといえばスタミナ増強、というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
そのイメージ通り、にんにくを摂取することでより効率よくエネルギーをチャージすることができます。

体内でエネルギーの生産に必須なのが、「ビタミンB1」と呼ばれる成分です。
私達の身体に欠かせないビタミンB1ですが、吸収率が低く、体内に貯蔵しておけないという特徴を持っています。

にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と結合することで「アリチアミン」という成分に変化します。
アリチアミンは体内でビタミンB1と同じような働きをし、さらにビタミンB1よりも吸収率が高く、体内にも長く留まる性質を持った優れものです。

にんにくを摂取することによって、より効率よくエネルギーを生み出すことができるようになるのです。

あらゆる病気の予防に活躍

にんにくは高い抗菌・殺菌作用を持っています。
風邪やインフルエンザなど、ウイルスなどを要因としたあらゆる病気の予防ににんにくは効果があります。

ピロリ菌が原因である胃潰瘍・十二指腸潰瘍なども同様です。
体内でエネルギーの生産もサポートしてくれるため、より病気に強い身体に近づくことができます。

ちょっと意外? にんにくには整腸作用も

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、にんにくにはお腹の調子を整える作用があります。

というのも、下痢や便秘などの症状の多くは、悪玉菌によって悪化した腸内環境が引き起こすものです。
にんにくは高い抗菌効果で悪玉菌を抑制し、腸内環境を整えることで、お腹の調子を良くしてくれます。

血をサラサラにして、全身の血流を改善!

にんにくにはコレステロールを抑制し、血管を拡張する作用があります。
この働きによって血液をサラサラにし、全身の血行を良くすることが可能です。

にんにくは動脈硬化や高血圧の予防に効果的です。
血流が改善するため、肩こりや頭痛・腰痛、冷え性の改善などにも働きかけてくれます。

肝臓の保護・負担の軽減にもにんにくは欠かせない

にんにくは肝臓を保護し、代謝をサポートすることで負担を軽減する働きを持っています。
アルコールに弱い方や二日酔いを予防したい方に、にんにくのサプリメントはオススメです。

にんにくのサプリメントの副作用は?

幅広く高い効果を持つにんにくですが、人によっては身体に悪影響が現れることがあります。

胃痛や腹痛、貧血などの症状が出た場合、にんにくが体質にあっていない可能性があります。
サプリメントの摂取を中断するか、量を減らすなどして様子を見るようにしてください。

こんな人はにんにくのサプリメントの摂取に注意!

以下に該当する方は、にんにくのサプリメントの摂取に注意が必要です。

血液凝固系疾患の方

にんにくは溶血作用を持っています。
血液凝固系疾患の方は、サプリメントだけでなく食品のにんにくの摂取も避けた方が良いでしょう。

抗血液凝固薬・抗血小板薬を服用している方

抗血液凝固薬や抗血小板薬を服用している方は、にんにくのサプリメントを併用することで効果が過剰となってしまう可能性があります。
これらの医薬品とにんにくのサプリメントの併用は控えるようにしてください。

手術前・出産前の方

手術や出産を控えている方は、にんにくのサプリメントを服用していると出血しすぎてしまう可能性があります。
少なくとも手術や出産の1週間前には、一旦サプリメントの服用を中断するようにしましょう。