にんにくとは

にんにくとは_サプリメントナビでオススメサプリメントをチェック

あの強烈な匂いが特徴のにんにくは、人によって好き嫌いの分かれる食品ですよね。
大好き! 餃子やラーメンには絶対に必要! という方もいれば、匂いだけで無理! という方もいることでしょう。

ですがにんにく特有のあの匂いは、実はにんにくの薬効の元でもあるのです。

にんにくの健康成分「アリシン」

にんにくの匂いの元は、「アリシン」と呼ばれる成分です。
アリシンは高い抗菌作用を持ち、さらに調理や環境によって他の成分に変化しやすいという特徴を持っています。

アリシンが変化した後の「イオウ化合物」も、にんにくの豊富な薬効の元となる成分です。
万能薬といえるほど幅広いにんにくの効果は、アリシンがその根源にあります。

にんにくのサプリメントの効果

なんとなく健康にいいというイメージのあるにんにくですが、具体的な効果はどのようなものがあるのでしょうか?
にんにくのサプリメントの詳細な効果を見ていきましょう。

病気の予防ににんにくが活躍

にんにくは高い抗菌・殺菌作用を持っています。
これらの作用によって、風邪やインフルエンザなど、菌やウイルスを原因とした病気を予防してくれるのがにんにくの効果です。

またピロリ菌を抑制することで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防もできます。
ウイルスによって引き起こされるあらゆる体調不良をにんにくは予防してくれるのです。

にんにくで全身の血行を改善

にんにくにはコレステロールを抑制し、血管を拡張する作用があります。
これらの働きによって血液をサラサラにし、血行を改善してくれるのもにんにくの効果です。

にんにくの血流改善作用は、高血圧や動脈硬化の予防に効果的です。
末端まで血行が良くなるため、冷え性の改善などにも効果があります。

にんにくでスタミナをチャージ!

身体がエネルギーを生み出す際には、「ビタミンB1」という栄養素が欠かせません。
糖質を代謝することでエネルギーを生み出すビタミンB1ですが、吸収率が非常に低く、体内に貯蔵されないという性質を持っています。

そこで活躍するのが、にんにくの健康成分「アリシン」です。

アリシンはビタミンB1と結合することで、「アリチアミン」と呼ばれる成分に変化します。
アリチアミンは体内でビタミンB1のような働きをし、そのうえでビタミンB1よりも吸収率が高く、血中にもより長く留まるという性質を持っています。

にんにくを摂取することで、体内のビタミンB1をより効果的に活用できるようになるのです。

整腸作用もにんにくの効果

にんにくにはお腹の調子を整えるという少し意外な作用があります。
というのも、下痢や便秘などの症状は、悪玉菌によって腸内環境が悪化したことによるもの。
にんにくは高い抗菌作用で悪玉菌を抑制し、腸内環境を整えてくれるのです。

にんにくはサプリメントで摂るのがオススメ

嬉しい効果の多いにんにくですが、毎日続けて摂るとなると、問題点が出てきます。
それはやはり、にんにく特有のあの匂い。
いくら有効成分の元だと分かっていても、毎日にんにくの調理をしていれば、キッチンや調理器具にもにんにくの匂いがうつってしまいます。

そこでオススメなのが、にんにくのサプリメントです。
サプリメントは匂いを抑えるように加工されたものが多く、調理の必要がないため器具などに匂いがうつることもありません。

にんにくの薬効を試してみたい、それでも匂いにやっぱり抵抗がある……という方は、一度にんにくのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?